経営者の仕事

【大規模デイサービスの魅力】②規模の経済

投稿日:2020年1月8日 更新日:

年末スペシャルと銘打って儲かるデイサービスについてまとめはじめましたが、4店舗目開業(足立区3月1日オープン予定)準備のため記事のアップが遅くなってしまいました。年始スペシャルに訂正です。

さて、大規模デイサービスの魅力の続きです。
パート①はこちらから。

人件費率(規模の経済)の続き

人件費について規模の経済の恩恵を捉えやすいようにサービスごとに下記のように区分して考えて見ましょう。

担当 規模の経済の恩恵
送迎担当
入浴担当 小(大浴場の場合は中)
機能訓練担当
フロア見守り担当
その他事務担当

送迎の規模の経済

まず送迎についてですが、送迎における規模の経済は効率的にたくさんの利用者を送迎することで発生します。
簡単な指標としては送迎人数/時間で表すことができます。
この送迎は利用定員を増やしたところで規模の経済は働きにくいのです。利用者数が増えれば利用地域も広がってしまうからです。唯一車を大きくすることで効率化が図れるのですが、車の大きさも限度があります。

入浴の規模の経済

次に入浴についてですが、入浴は個浴を使うか大浴場を使うかで話が変わってきます。当然個浴を使っているところは定員が増えたところでその分だけ職員を用意しなければならないのであまり規模の経済は働きません。
着脱担当の職員を統一して効率化することくらいでしょうか。

大浴場を使う場合は規模の経済が働きます。
当然事故に気をつけなければならないのですが、入浴中に利用者が事故を起こす箇所は限られているので、その際に職員がつくことによって効率化することができるでしょう。

新店舗には大浴場を設置する予定です。4名の入浴に対して2人の職員で対応するようにしています。
当然脱衣所までの呼び込みの工夫、手すりの位置、洗い場から浴槽までの位置や距離などハード面においても相当の工夫を施した上で可能になる効率化です。

機能訓練の規模の経済

訓練器具 規模の経済の恩恵
マッサージ
IADL系個別訓練
筋トレマシン(上半身)
筋トレマシン(上半身)
ランニングマシン 中(安全性を考慮)
エアロバイク
集団体操

機能訓練も工夫次第で規模の経済が働きやすい業務になります。
当然マンツーマンでじっくりと体をもんだり、それぞれの生活動作に合わせたリハビリプラン(個別機能訓練加算Ⅱ相当)を実施するような機能訓練では規模の経済は働きにくいです。

規模の経済が働きやすいのは筋トレマシンなどの器具を使った機能訓練です。
大体の筋トレマシンは一度座らせてしまえば安全に利用できる様になっています。つまり座るまで注意すればその後はご自身で(勝手に)トレーニングしていただけるわけです。
細かいことを言えば、上半身系トレーニングはバランスを取りやすいためずり落ちる危険性が低く、下半身系はバランスが取りにくい傾向があります。

有酸素系のマシンなんかもランニングマシーン(トラッドミル)は転倒の可能性がありますが、クロストレーナーやエアロバイクですと転倒の危険性はだいぶ低下します。
特にリカンベント型のエアロバイクは座りやすいですし安全です。

また、集団体操なども安全面をクリアできれば少ない人数で大量の利用者を相手にすることが可能です。

パート③に続く。

【その他の経営者の仕事についてはこちら】

お仕事の依頼はこちらまで

-経営者の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービス売上単価】利用者1名あたり単価知ってますか?

デイサービスを運営されている経営者の皆さんはご利用者様一人あたりの売上単価を知っていますか? 私が付き合ってきた経営者の方でも意外と単価を意識していない方が多いのに驚きます。 小売業や他のサービス業で …

【デイサービスの評価】介護職の評価は難しい?

  慈善事業的側面のある事業における人事評価の難しさは営利企業の比ではないと経営学者のドラッカーが唱えています。 米国において人事評価制度が最も発達している企業はNPO法人であると言うのです …

【デイサービスの業務削減】やらない勇気

PDCAサイクルの弱点については別の記事で記載しましたが、私は他にも弱点があると考えています。 それは業務の改善について考える仕組みにはなっていても、業務自体の必要性について問う仕組みがないことです。 …

【デイサービスの昇給】社員の昇給を考える

今年の秋口頃に『日帰り温泉型デイサービスはつね』の4店舗目の開業を考えています。 規模としては今までは小規模ばかりでしたが、今度は少し大きめの規模を考えています。 そんな中で新しい従業員の雇用を考えた …

【デイサービス職員のコスト意識】何をやるべき、やらないべき?

特に主婦のパート職員に多いのですが、家計の金銭感覚をデイサービスに持ち出してしまい、無駄な人件費がかかってしまう事があります。 ある時、近くのスーパーまでご利用者様に持たせるお弁当を買ってきてほしいと …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例