デイサービス起業塾 第1期開講

介護事業は今後25年間以上市場が伸び続ける稀有な業界です。その規模は10兆円を超え、2025年には20兆円に到達することが確実視されています。

その中でデイサービスは最期まで自宅で暮らすための中核としての役割を求められています。その数は4万5千軒を超えておりまだまだ増え続けています。必要とされるサービスに国はお金を支払って行きます。その中で勝ち続けることができれば25年間以上安定的で大きな利益を続けることが可能です。
デイサービスを開業するためのノウハウをデイサービス経営一筋10年の坂元が全てをお伝えいたします。

デイサービス開業までに必要な知識を全10回の講義でマスターしていきます。
座学では坂元悠紀による講義とディスカッションを重ね、いつでもデイサービス開業できる準備をしていきます。
また、実地見学では、不動産の見方から実際のデイサービス業務を体験していただきます。

デイサービス起業塾開講
avatar
坂元
デイサービス開業に関する知識は全てお伝えしていきます。それ以外にもデイサービス開業を目指す仲間たちの存在は重要です。
開業後も相談のしあえる塾にしていきたいと思っっています。
私の紹介はこちらから
デイサービスの開業には失敗リスクがいっぱい。不安な方はぜひ起業塾の受講を!!

日時場所

場所:恵比寿駅周辺

時間:毎週土曜日10時~(現地集合日は別)毎回2時間程度

費用

通学会員

33万円
(税込)
オンライン会員※

22万円
(税込)

※zoomによるオンラインでの参加

通学会員のみ分割払いを受け付けています。入学金5万円を頂きその後講座ごとに3万円(合計35万円)をお支払いいただきます。

講座日程

※コロナウィルスの騒動が収まっていなかった場合、日程の変更があるかもしれません。

第1回令和2年10月3日 (土) 10時から
第2回令和2年10月10日(土) 10時から
第3回令和2年10月17日(土) 10時から
第4回令和2年10月24日(土) 10時から  ※はつね店舗にて
第5回令和2年10月31日 (土) 10時から  ※物件現場にて
第6回令和2年11月7日 (土) 10時から  ※物件現場にて
第7回令和2年11月14日 (土) 10時から
第8回令和2年11月21日 (土) 10時から
第9回令和2年11月28日(土) 10時から
第10回令和2年12月5日 (土) 10時から
※参加者の全会一致があれば日程の変更がありえます

特典

9月30日までにお申し込み、振り込み頂いた方には下記の特典をご用意いたします。

  • デイサービス開業虎の巻(開業編)の進呈
  • 初回講義後の懇親会(8,000円相当)無料
  • 税込み30万円(オンラインは20万円)に割引

返金

第一回目の講義後に退会される場合は全額返金いたします。
また、第5回講義までに退会される場合半額をお返しいたします。

講座内容(赤塗は現地集合)

第1日目 デイサービス起業家としての基礎

デイサービス起業家としての考え方や基礎知識を学んでもらいます。
介護保険制度の成り立ちからデイサービスを含めた居宅介護の種類について勉強していきます。デイサービスのサービス内容、流行り廃りなどを解剖していきます。
その他にも法人設立からデイサービスの開業までの細かいプロセスについても見ていきます。
講義の後懇親会を予定しています。

第2日目 勝ち残るためのコンセプト作りとは

デイサービスは特徴がなければ勝てない時代になっています。どのような特徴をつけ、競争優位性を発揮するか。利用者やケアマネが求めているものを知らなければなりません。
その特徴がどのように売上につながるのかを説明していきます。
そして、自ら開業するデイサービスにどのような特徴をもたせるべきか考えてもらいます。
ここで、自らどのようなデイサービスを作りたいかを発表してもらいます。

第3日目 銀行融資を勝ち取る事業計画書作成

事業計画書の作成は全ての源泉です。ご自身の事業の指針にもなりますし、融資を申し込むために必ず必要になる資料です。

デイサービスの売上は基本通所費と加算やで成り立っています。その仕組と金額設定を知らなければ始まりません。
費用についてもデイサービス特有の人件費や家賃水道光熱費など避けられない費用について学んでいただきます。
また、初期投資に必要な設備や費用に関してもはつねの例を見ていただけます。
この辺の数字が頭に入っていないといざ開業する際に思っていたのと違うと資金ショートをしかねません。

第4日目 人気デイサービス見学

実際に運営されているデイサービスを見学します。どのような環境で、どのような職員が、どのような利用者に、どのようなサービスを行っているか。それを肌で感じてもらいます。
実際に見ないとわからないことはたくさんあるはずです。
人数によっては複数の組に分かれて見学をしていただきます。
職員へのヒアリングも予定しております。

第5日目 物件選び方講座①

デイサービス開業の第一歩かつ最難関である物件選び。経験がないととんでもない物件を掴まされたり、工事が終わってから開業ができないことがわかるなど致命傷になりかねません。
また、デイサービスに必要な間取りやリフォームをするためには躯体を見て把握せねばならないことがたくさんあります。
そんな物件選びのポイントを実際の物件を見ながら完全解説いたします。
※場所と時間は受講者たちと打ち合わせの上決定

第6日目 物件選び方講座②

実際にデイサービスに使えそうな物件を2,3件ほどまわりながら、デイサービスに適しているのか、どのような問題点を洗い出すべきか、現場を見ながら講義していきます。
1日目で学んでいただいたことを実際に確認していただいたり、不動産屋との交渉に関しても講義いたします。
不動産を借りる場合の取得費は下手すると家賃の10ヶ月分を取られることもあります。悪質な不動産オーナーもいる中良い物件を見つけるためのポイントを知っていただきます。
※場所と時間は受講者たちと打ち合わせの上決定

第7日目 素晴らしい人材に巡り合うための採用

採用は物件探しの次に重要なポイントです。
管理者、生活相談員、看護師、機能訓練指導員各々に必要な能力や平均的な給与について勉強していきます。
採用媒体にはどのような物があるのか、どのような募集記事を書けば応募が集まるのかを学びます。
また、ロールプレイングを通して面接のやり方を覚えます。

第8日目 利用者とケアマネにリーチする営業方法

デイサービスの利用者は黙っていても集まりません。営業が下手なせいで開業後いつまで経っても利用者おらずに閉鎖するデイサービスもあります。
デイサービスの利用者の集客はその殆どをケアマネ経由で行っている特殊な業界です。
ケアマネ営業のノウハウは多岐にわたります。商圏内にどのくらいのケアマネがいるか、どこまでまわるか、どのくらいの頻度で回るのか。覚えることはたくさんあります。
また、チラシやパンフレットの作り方についても覚えていただきます。

第9日目 失敗しないための指定申請講座

デイサービスの開業には行政に指定の申請を行わなければなりません。
初めて作る人では何度も何度も行政に手直しを點せられて、数ヶ月かかってしまう可能性があります。
また、消防や役所の建築課とのやり取りでケチが付いてしまうと大変です。
そして、内容に不備があれば開業が1ヶ月も2ヶ月も遅れてしまいます。
指定申請書類の書き方や起こりやすい不備について学び、失敗のない開業のための指定申請を覚えていただきます。

第10日目 起業することの意味。成功のその後について

介護事業に限らず、店舗ビジネスには王道と言われる成功法則があります。
需要のあるサービスで他の店舗に勝っていれば売上は上がります。
また、適切な人件費を支払っていれば良い人材が集まって行きます。
簡単なことなのにできていない経営者が多すぎます。
そういった経営者に必要なマインドやノウハウを共有いたします。
そして、デイサービスを成功させた後、2店舗目開業のタイミングや必要な準備を学んで行きます。他にも他の介護事業や保険外事業への展開のさせ方についても考えをお知らせいたします。
最期に有志でLineのグループを作ってその後の情報交換につなげて行きます。

お申し込みのプロセス

1
応募フォームにて

下記応募フォームに必要事項を記入の上送信してください。
ご質問に関しても下記のフォームからお問い合わせください。

2
振り込み

デイサービス経営研究所より返信のメールをお送りいたします。
メール内にてお振込口座を提示しますのでお振込みっください。

3
開催場所のご連絡

お振込み確認後、開催場所のご連絡をいたします。
また特典についてもお渡しいたします。
それ以外に初回までの宿題もお出しします。

投稿日:2020年4月24日 更新日:

執筆者:

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

起業塾

デイサービス起業塾10月開講!! デイサービス起業塾

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例