開業・設備

【メモ帳ソフト】デイサービスご利用者様の情報共有に最適!

投稿日:2017年8月17日 更新日:

メモ帳

皆様のデイサービスでは全職員で共有しておきたいご利用者様の情報はどのように管理しているでしょうか。
よく使われるのは職員共有の申し送りノートですが、これは利用者の人数が多くなってしまったり過去の情報がどこにあるのか検索に時間がかかってしまうという弱点があります。

私のデイサービスでは情報共有は極力クラウドで行っています。

職員間で情報の共有ができる有用なメモアプリがたくさんでています。
今では60代の方でもスマホを扱っていますので、クラウドでご利用者の情報などを共有することができればいつでもどこでも同時にアクセスすることができますので便利です。

EverNote

メモ帳ソフトとしてのトップランナーで利用されている方も多いのでは無いでしょうか。
私の施設でもEverNoteをご利用者様の情報管理に使っています。

ご利用者様毎にノートを作成します。
アセスメントから抜き出した基礎情報を一番下に記載し、日々の共有すべき情報を日付とともに上部に追記していきます。

また、写真もスマホのアプリから簡単に掲載可能ですので撮っておけば誕生日などの時に役立ちます。
ノートには利用曜日と時間ごとにタグを付けることによって、職員が曜日ごとに利用者様のノートを探すことが可能で、自分の出勤する曜日の情報にすぐにアクセスが可能です。

また、EverNoteは様々な表示ができるのが魅力です。
EverNoteの弱点はアカウントごとの共有がスムーズにできません。

私達がうまくできないせいかわかりませんが、結局1つのアカウントをみんなで一緒に使っています。

また、無料では2つのデバイスしか登録できないので、プレミアムの契約が必要になってしまいます。
その場合年間5,200円かかってしまいます。

Google Keep

Googleが提供していメモアプリです。
エバーノートが有料化される際にいろいろ試した結果、
最も似たような使い方ができたソフトです。

1枚のメモに対してタグを追加することができます。
何と言っても無料で、デバイスも無限に利用できるので
今後はEverNoteからGoogle Keepに乗り換えようかと思っています。

ただ、共有がノートごとなので面倒ではあります。
職員間で一つのアカウントを使うこともできます。
スマホやタブレットのアプリ内でアカンとの切り替えができるので簡単です。

One Note

マイクロソフトのアカウントに紐付けられているメモ帳ソフトです。
ノートブック→セクション→ページとカテゴリ分けが多数可能です。
ただ、タグの機能がありませんので、週2回も3回もご利用になう方のメモを集約することができずに何枚もメモができてしまうことになります。ただ、One noteの良いところはメモが編集されたり追加されるとメールで通知が来ることです。

以上、他にも何個かメモ帳ソフトを利用してみましたが上記3つ以上に便利なものはありませんでした。それぞれにメリット・デメリットはありますが私がおすすめするとしたらgoogle keepでしょうか。無料で使えるのは便利です。

 

【その他の開業に関する記事はこちら】

開業・設備IT

-開業・設備

執筆者:


  1. […] 私の事業所ではご利用者様の状態についての情報共有はメモアプリで行っています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【異業種参入の例】失敗する社長・成功する社長

私は介護事業者向けの金融をやっていたこともありますし、コンサルタントも行っていますのでいろいろな社長に会ってきました。 特に日本最大手のデイサービスフランチャイズ本部と付き合いがあったお陰で、様々な個 …

【デイサービスのキッチン周り】便利グッツ

キッチン周りの設備について書いていきます。 私のデイサービスは昼ごはんを出していませんので大掛かりなキッチンはありませんが、それぞれの設備はこだわって選びましたのでそれらを紹介していきます。 目次1 …

開業費用

【デイサービス開業】費用はいくらかかるのか?

デイサービスの開業にいくらくらいかかりますか? 私がデイサービスを経営していると言うと、よく聞かれる質問です。 開業を考えている方でしたら特の興味のある疑問だと思います。 特に他業種にいらっしゃる経営 …

【共生型サービス2018年介護保険法改正】デイサービス参入の可能性

2018年度の介護保険法の改正の目玉の一つとして「共生型サービス」の創設が注目されています。 共生型サービス制度とは高齢者と障害(児)者が同一の事業所でサービスを受けることができるように指定基準を緩和 …

【消防関連/用途変更】物件選びのポイントは100㎡以下と延床300㎡以下

デイサービスで使う広さが『100㎡以下』建物全体の延床面積が『300㎡以下』 小規模のデイサービスの開業を何度か経験した方であればこの意味がわかっているでしょう。 私がデイサービスの新規物件を探す際は …

セミナーリンク


次回セミナーの日程が決定いたしました
6/22(土)に立石店にて開催させて頂きます。初の店舗でのセミナーになります。 デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集
デイサービス買い取り始めました!! デイサービス買い取り始めました

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

YouTubeチャンネル登録

チャンネル登録お願いします!!

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例

2018年8月出版の地域包括ケアを担うケアマネ&相談員/日総研出版に記事を寄稿しました!
メディア掲載事例