経営者の仕事

【酒席の場】デイサービスの職員と酒を飲む

投稿日:2017年9月8日 更新日:

バブルを経験した先輩方にとって、酒を飲み交わしながら商談を行ったり接待攻勢をかけて仕事を取ってくるというような光景は頻繁に見かけられまていました。
しかしそんな習慣は急激になりを潜め始め顧客への接待は禁止され、同僚や上司、部下などと親交を深めるために酒席の場を利用するのはもはや時代遅れと言われるようになってしまいました。

とはいえ、未だにお酒が好きな職員はたくさんいますし、うまく使えばデイサービスの運営を円滑に進めることができるはずです。
今回はそんな介護職員とのコミュニケーションにお酒をのみに行くことについてお話していきたいと思います。

介護職はお酒好きが多い(奢られるのも大好き)

介護職員は比較的お酒好きが多いように感じます。統計調査があるわけではありませんが、介護職員の喫煙率の高さから見てもそうった傾向があるのは間違いないでしょう。職員の平均年齢が高いのもありますが、日々のストレスやプレッシャーからくるのものもあるのでしょう。

私のデイサービスでも「今日はちょっと失敗があったので飲みに連れて行ってください。」などと誘われることがよくあります。そういう時は出来る限り参加するようにしています。私に予定があるときでも飲みに行けとお金を渡しています。経営者がお金を払って飲みに連れて行ってくれて話を聞いてくれる。それだけでも職員にとってはストレスの発散になっているようです。

また、職員同士の親睦を深めることができます。職員同士でトラブルが発生しそうになったらすぐにお酒を飲みに誘うようにしています。その際には2人と私以外にも場の雰囲気を盛り上げられる職員にも声をかけます。そして必ず経営者が全てご馳走しましょう。

酒席の場で人を見極める

酒席の場は無礼講になるため、人間関係が如実に現れます。普段経営者や管理者がいる場では気を張っているためなかなか人間関係まで見ることができません。どの職員とどの職員が仲がいいのか、あの職員はあの職員には敬語を使うけれど、この職員には敬語を使わないなど普段見せない人間関係を垣間見ることができます。

また、経営者に対する対応も分かれます。経営者に対しても無礼講を貫いてしまう人もいれば、酒席の場も上司による評価の場だということを意識して気配りを行える者がいます。

もちろん無礼講の場だと宣言しているので、経営者に慣れ慣れしくしてしまうのは悪いことではないですが、やはり気が使える人間のほうが安心してご利用者様のご家族への対応やケアマネジャーの対応を任せられるでしょう。

お酒は議論を加速させる?

お酒は口を滑らかにします。思いもしないアイデアが生まれる可能性もありますので酒席の場を議論の場として使うこともあります。
ただ、お酒の場が向いている議題、避けたほうが良い話題もありまし、議論の進め方に気をつけないと意味のない議論に終始する事になってしまいますので注意してください。

酒席に向いている議題
  • 日々のスケジュールに関して
  • 職員の業務分担について
  • レクリエーションについて

悪口大会になりがち

お酒に場は人のあら捜しなどの悪口大会になりがちです。一人が先陣を切るといらいらをためていた職員が一気に爆発して次々に悪口を言い始めるということが起こりがちです。これはすぐに阻止しなければなりません。
悪口は全く意味をもちません。特にその場に居ない職員の話になってしまうとある事ない事が皆の中で共有され、全職員の合意となってしまいます。

 

議論は繰り返す

酔いが回った状態で議論をすると必ず話題が繰り返されます。たとえその話題に結論や方向性が決まったようなことでも、平気でぶり返されます。挙句の果てには少し前に話していたこととは違った結論に達してしまうことさえあります。

これでは議論をしている意味はありませんし、参加者のそれぞれが違った「結論」を「最終的な結論」と解釈してしまっていたら方向性はばらばらになってしまいます。
私は必ず、「この話題についてはこれを結論とするので以後はこの話題は禁止です」と言ったようなことを伝えるようにしています。

 

-経営者の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービスのコンサルティング姿勢】②お金を使うのが大嫌い

私のデイサービス経営に対する考え方の第2回目は、お金を出すことが大嫌いだというお話です。 これは私の元々の性格から来ている考え方ですが、大きく影響を与えていますし、成功の鍵になっていると思っています。 …

経営者

【デイサービスの経営者】経営者は経営に専念するべきか

どんな事業でも起業当時は経営者が最も働き、最も稼ぐというのが一般的です。 デイサービスもご多分に漏れず、開店当時は経営者自身が現場に出ているということがほとんどだと思います。 そうして始めたデイサービ …

シフト作成

【デイサービスのシフト作成】月末の管理者を悩ませる風物詩

月末の忙しい時期、翌月のシフト作成は管理者に重くのしかかる問題となります。 パート職員は小さな子供を抱えていることも多く、祝日や夏休みなどの時期に休みが重なりますし、正社員には夏休みや有給休暇を与えな …

【デイサービスのパート職員】パート職員を躍動させよ!

私のデイサービスではパート職員が躍動しています。 どういうことかというとうちのパート職員はおやつの発注を行ったり、知り合いのケアマネジャーの元を訪れて営業してきたりと、正社員がやるような仕事を率先して …

【経営者が倒れたら】けど経営者は倒れない

経営者が倒れても回るような組織づくりを心がけるべきだ、 という話はよく聞くと思います。 いざ経営者が倒れた時に誰も仕事を引き継ぐこともできずに業務が回らなくなってしまっては、会社を存続させることもでき …

セミナーリンク


デイサービス経営(予定者)様向け無料セミナー
3月16日(土)・4月20日(土)開催!! デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集
デイサービス買い取り始めました!! デイサービス買い取り始めました

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

YouTubeチャンネル登録

チャンネル登録お願いします!!

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例

2018年8月出版の地域包括ケアを担うケアマネ&相談員/日総研出版に記事を寄稿しました!
メディア掲載事例