未分類 経営者の仕事

デイサービスの営業を図解してみた(最初に思い出してもらえる店舗になれ!)

投稿日:

この記事では、営業施策とサービスの向上施策が何に影響を与えているのかを整理し、営業施策のどこに課題があるのかを考えるヒントを学術論文を参考にしながら書きたいと思います。

デイサービスの店舗運営が成功している状態とは、どのような状態を指すのでしょうか?

すごく売上が上がっている店舗、利用者の満足度が高い店舗、関係者(従業員・利用者・利用者の家族)の笑顔が多い店舗・・・
どれも正解だと思いますが、ここでは「成功している店舗」を「稼働率が100%に近い店舗」と定義したいと思います。

もし稼働率が100%から遠いのであれば、下記のいずれかに課題があると考えます。

  • 新規の利用者が増えない
  • 利用者がすぐに辞めてしまう

この記事では「新規の利用者が増えない」場合を取り上げます。
新規利用者増に課題があるケースでは、営業施策の量が足りていない、もしくは適切な施策ができていないのだと考えます。

以前の記事で書きましたが、デイサービスの最大の営業先はケアマネージャーです。雑な言い方になりますが、利用者への営業を重ねても新規利用者の増加にはそれほど寄与しないことを、私は経験から知っています。
利用者が自ら能動的に施設を探し、入所を希望するケースもありますが、割合としては非常に少ないです。
そのため以前は行っていた、近隣住宅へのポスティング施策や、営業者に店舗のログを貼って認知度を上げる、という利用者に向けた営業施策は今は行っていません。

デイサービスのビジネスモデルは、下記の図のようになると考えています。

営業先とサービス利用者が異なるという珍しいビジネスモデルになります。
左側のケアマネージャーに施策を行うことにより新規利用者を増やし、右側の利用者に向けて施策を行うことにより、継続利用者を増やしていきます。
それにより、稼働率を高め、成功する店舗に近づけていきます。

では、ケアマネージャーへの営業で意識しなければならないことは何か。
ケアマネージャーに「一番最初に思い出してもらえる」店舗として、認識してもらえるように営業をしましょう。

一番に思い出してもらえる理由は何でも構いません。

  • サービスに特徴のある店舗である
  • サービスパーソンがいつも笑顔で気持ちが良い
  • 営業の人間の感じが良く、会うと気分がよくなれる・・・etc

なぜ「一番最初に思い出して」もらえないといけないのでしょうか。

下記の図は1980年にBrisoux and Larocheの論文で書かれた、
「ある製品を選定するときにどのように頭の中で振り分けているか」ということを図示したものです。

図の下部の黒い矢印を簡単に説明します。
知名段階:知っている/知らない
処理段階:良く知っているかどうか(特徴を言えるかどうか)
考慮段階:選択肢となり得るかどうか
 想起集合:選択先として候補に入っている
 保留集合:特徴を知っているが、明確に選択対象に入っている
 拒否集合:特徴を知っているが、何らかの理由で選択したくない

このトーナメント表のような図を右上に向けて突破していかねばなりません。黄色の想起集合に入って初めて選択してもらえる可能性が出てくるのです。

あるマーケティングカンパニーの調査によると、一人の人間の想起集合に入れるのは「3つ」だそうです。なかなか厳しい勝負ですね。

ケアマネージャーの頭の中を想像して、いま自分の店舗がケアマネージャートーナメント表のどの段階にいるのか考えてみましょう。それにより、やるべき施策が変わってくるはずです。

本記事は、トライバルメディアハウスの池田さんのnoteの記事
早稲田大学の恩藏 直人教授の論文を参考にして執筆しました。

お仕事の依頼はこちらまで

-未分類, 経営者の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービスの家賃交渉】家賃交渉を怖がっているのは大家の方だ!

家賃については皆さんタブーだと思っていませんか。 家賃交渉と聞くと大家側から値上げを打診されて困ったということばかり思い出しまはしませんか。 しかし、これらの既成概念は捨てなければなりません。 本来、 …

【大規模デイサービスの魅力】③定員率

大規模デイサービスの魅力の続きです。 これまでの記事 大規模デイサービスの魅力① 大規模デイサービスの魅力② フロア見守りの規模の経済 見守り業務が最も規模の経済の恩恵を受けることが可能です。静かに座 …

【本を読むこと】著者にお金を寄付できる?

テレビを見ることを悪く言う人は大勢いますが、何故か本を読むことを悪く言う人は少ないように思います。 私はあまり本を読みませんし買いません。 世の中には意味のない本やくだらないことを本にする著者が多いか …

【参入障壁とは】参入障壁の作り方

参入障壁とは、企業がある業界に新しく参入するために立ちはだかる難題のことであり、参入障壁が高いほど新規参入が難しいということになります。 参入障壁が低い場合、参入企業が増えることによって競争が激化し、 …

no image

【M&A】デイサービス買収案件募集

デイサービス経営研究所の展開する『日帰り温泉型デイサービスはつね』では、新たに直営店やFC店舗を増やすべくデイサービスの買取に力を入れていきたいと考えています。 これまでデイサービスを経営してきたが、 …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

起業塾

デイサービス起業塾10月開講!! デイサービス起業塾

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例