開業・設備

【消防関連/用途変更】物件選びのポイントは100㎡以下と延床300㎡以下

投稿日:2017年8月6日 更新日:

デイサービスで使う広さが『100㎡以下』建物全体の延床面積が『300㎡以下』

小規模のデイサービスの開業を何度か経験した方であればこの意味がわかっているでしょう。
私がデイサービスの新規物件を探す際はこの条件を絶対条件に設定しています。

デイサービスで使う面積が100㎡以下

100㎡以上になってしまうと用途変更が必要になってまうのです。
デイサービスの営業を行う場合、建物の用途が「医療福祉施設」である必要があります。
もしそれ以外の用途として登録されている場合、用途変更が必要になるのですが、100㎡以下であれば用途変更のための確認申請という工程が必要なくなるのです。

100㎡以上でも元から用途が医療福祉施設であれば問題ありません。
用途変更には検査済証や建築確認済証などが必要になり、書類がない場合は数百万円単位で費用が掛かる可能性があります。

延床面積300㎡以下

こちらは消防に係る規定で、延床面積が300㎡以上だと自動火災報知設備の設置が必要になってきます。
自動火災報知設備は各階に報知器の設置が必要になります。
私が設置した際は3階建ての設備で150万円の費用がかかりました。
階数が増えればさらに費用がかかってくる可能性があります。

正直上記の2つともをクリアする物件を探すのはとても困難です。
しかし、開業前ですから、数百万円の出費はぜひとも避けなければなりません。経営を圧迫してしまいますから。
物件探しは大変ですが頑張って探してください。

その他の消防に関連する法令等

耐火建築物 :消防法の規定により、耐火建築物や準耐火建築物、それに準ずる構造物であることが必要。
誘導灯・消火器 :既設は再利用でOK、不足の場合は新設が必要です。
出入口 :2ヶ所が望ましいです。(火災時の避難経路確保のため)
自動火災報知設備 :建物延べ面積が300㎡以上で必要となります。
防火管理者 :建物全体の収容人員が30人以上の場合、選任が必要になります。

 

【その他の開業に関する記事はこちら】

開業・設備IT

-開業・設備

執筆者:

関連記事

商圏調査

【商圏調査】開業地域が違えばいきなり10%の売上げ増?

すでに開業されている皆さんはデイサービスを作るための地域はどのように決めましたか? また、これから開業を予定している方もどのようにして出店地を選ぼうとしていますか? よく聞かれるのが、今ご自身が住んで …

【続商圏調査】ライバルはデイサービスだけじゃない?

デイサービスを開業する際に商圏調査を行うのは当然ですが、それは商圏内のデイサービスの出店数を調べるにとどまってはいませんか。 実際デイサービスと競業するのはデイサービスばかりではありません。 施設系サ …

【デイサービスの物件選び】運命の女神は微笑むか

  出店する地域を選んだら早速物件探しに入りますが、物件選びは誰もが非常に苦労しているのではないでしょうか。 私もこれまで新規店舗業務の中で最も困難な業務は何かと聞かれれば、必ず不動産選びと …

no image

【異業種参入の例】失敗する社長・成功する社長

私は介護事業者向けの金融をやっていたこともありますし、コンサルタントも行っていますのでいろいろな社長に会ってきました。 特に日本最大手のデイサービスフランチャイズ本部と付き合いがあったお陰で、様々な個 …

【株式会社と合同会社】デイサービスを開業するならどっち?

介護事業の開業には法人の設立が必須条件となります。 介護保険法において介護給付費を受け取るには法人であることが要件になっているからです。 法人といえば基本的に株式会社をイメージする方が多いと思いますし …

セミナーリンク

8月4日、5日無料セミナー開催!! デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね
はつね立石ご紹介動画

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例

2018年6月に月間シニアマーケットさんにはつねを取材頂きました!
メディア掲載事例

虎の巻開業編プレゼント

期間限定キャンペーンです!アンケートにご協力頂いた先着20名様に、虎の巻開業編をプレゼントさせて頂きます! アンケート