開業・設備

【消防関連/用途変更】物件選びのポイントは100㎡以下と延床300㎡以下

投稿日:2017年8月6日 更新日:

デイサービスで使う広さが『100㎡以下』建物全体の延床面積が『300㎡以下』

小規模のデイサービスの開業を何度か経験した方であればこの意味がわかっているでしょう。
私がデイサービスの新規物件を探す際はこの条件を絶対条件に設定しています。

デイサービスで使う面積が100㎡以下

100㎡以上になってしまうと用途変更が必要になってまうのです。
デイサービスの営業を行う場合、建物の用途が「医療福祉施設」である必要があります。
もしそれ以外の用途として登録されている場合、用途変更が必要になるのですが、100㎡以下であれば用途変更のための確認申請という工程が必要なくなるのです。

100㎡以上でも元から用途が医療福祉施設であれば問題ありません。
用途変更には検査済証や建築確認済証などが必要になり、書類がない場合は数百万円単位で費用が掛かる可能性があります。

延床面積300㎡以下

こちらは消防に係る規定で、延床面積が300㎡以上だと自動火災報知設備の設置が必要になってきます。
自動火災報知設備は各階に報知器の設置が必要になります。
私が設置した際は3階建ての設備で150万円の費用がかかりました。
階数が増えればさらに費用がかかってくる可能性があります。

正直上記の2つともをクリアする物件を探すのはとても困難です。
しかし、開業前ですから、数百万円の出費はぜひとも避けなければなりません。経営を圧迫してしまいますから。
物件探しは大変ですが頑張って探してください。

その他の消防に関連する法令等

耐火建築物 :消防法の規定により、耐火建築物や準耐火建築物、それに準ずる構造物であることが必要。
誘導灯・消火器 :既設は再利用でOK、不足の場合は新設が必要です。
出入口 :2ヶ所が望ましいです。(火災時の避難経路確保のため)
自動火災報知設備 :建物延べ面積が300㎡以上で必要となります。
防火管理者 :建物全体の収容人員が30人以上の場合、選任が必要になります。

 

【その他の開業に関する記事はこちら】

開業・設備IT

-開業・設備

執筆者:


  1. […] 今になってみれば物件選びのコツがわかっていますが、その当時は広さと家賃のみを条件として闇雲に不動産の内覧を行っていました。 気に入った物件でも後から火災報知設備の設置が必要だとわかり断念したり、床を掘ることが出来ないことがわかって断念したりと無駄な時間を過ごしてしまいました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービス(通所介護)の売上利益分析】デイサービスはもはや儲からないのか

これからデイサービスの起業・開業を考えられている方やなかなか利益が出ないという経営者のためにデイサービスの売上や利益について詳しくまとめてみました。 目次1 デイサービスの売上1.1 通所介護費1.1 …

【デイサービスのフランチャイズ】フランチャイズの基本

介護業界にも沢山のフランチャイズ事業者が参入してきました。 特にデイサービスはとても増えており、何百もの加盟店を抱える本部も出てきました。 今回はそんなフランチャイズについて綴っていきます。 目次1 …

【LINE】デイサービスで使える職員間のコミュニケーション

LINEなどの通信アプリを事業所内の連絡に使っている方も多いのではないでしょうか。 LINEはいろいろな人と気軽にメッセージをやり取りできますし、スタンプのやり取りが人気で爆発的に利用者を増やしました …

no image

【デイサービス開業日記③】はつね江戸川開業まで

Hermann / Pixabay この記事は私がデイサービスの開業を決意してから第一号店の『日帰り温泉型デイサービスはつね』江戸川店の開業までを書き綴っている記事になります。今回はデイサービスの物件 …

【パソコン関連】デイサービスで使える知恵袋

目次1 オフィスソフト2 ショートカットキー3 ファイルのショートカット4 タブレット5 ChromeCastとamazon Fire Stick オフィスソフト メジャーなmicrosoftのoff …

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻新作

NEW!!日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例