介護保険とデイサービス

【リハビリ特化型デイサービス】大競争時代突入

投稿日:2017年7月8日 更新日:

「リハビリ 画像 フリー」の画像検索結果

リハビリ専門型デイサービスは平行棒や筋力トレーニング器具などリハビリ設備が揃っているデイサービスで、従来のデイサービスではできないリハビリメニューを組むことが可能になっています。

ご利用する方の目的はリハビリに特化されているので、余計な入浴や食事、レクリエーショナルなどは省かれていることが多く、利用時間も短めです。
また、リハビリを受けたいという意識の高い要介護者が多いため、介護度も比較的低く男性が多くなる傾向があります。

近年様々な身体的困難を抱えた高齢者が増えており、リハビリ需要は高まっているとともに多様化しています。事業者側もそれに対応するためにいろいろな形態のリハビリ型デイサービスができています。
歩行訓練に特化したデイサービスは必ず散歩の時間があり、近所の公園などに行かれているそうです。

接骨院の先生が開業したデイサービスでは必ず整体やマッサージを受けられます。
また、言語障害の方のみを対象にした専門のデイサービスなんかも登場しています。

このように、ご利用者様の需要にあったデイサービスができることはとても良いことですが、下に記すように最近増えているリハビリ型デイサービスは、たくさんの機械は置くものの大した指導もなくとにかく運動させるだけなどという施設が多いように感じます。

リハビリ特化型デイサービスの問題点

リハビリ特化デイサービスは現在過当競争とも言えるほど増えています。お住いの地域でもここ3,4年で急に増えたと感じられている方もいることでしょう。それは、従来のデイサービスより人件費を安く抑え利益率を高くすることが可能だからです。

高齢者用に設計されているトレーニング器具は安全にできており、利用している間職員は見守りをしておればOKです。
機械が数種類あっても5人位同時に見守ることは可能です。ですから10名定員の小規模デイであれば2名の職員で回すことも可能になるのです。

リハビリ専門型デイサービスの選び方

リハビリとは単に筋力をつけたり運動時間を増やしたりすることではありません。その訓練が普段の私生活の活動に即しており、できなかったことができるようになったり、ADLが悪化してできなくなってしまわないように行われなければなりません。

単なる機械による付加運動だけではなく、それが私生活のどの運動につながっているのか、機能訓練指導員がしっかり計画し、理解して訓練が行われているか確認しなければなりません。

また、要介護者によっては機械に体が合わないなどの弊害も考えられます。

必ず利用前に一通りの運動器具を見学させてもらいましょう。

リハビリ特化型デイサービスの未来

リハビリ特化型デイサービスの経営は専門性が問われる時代に入りつつあります。ただ筋トレマシーンをおいておくだけでは選ばれることはなくなります。
理学療法士が作ったメニューがあるとか、歩行訓練のための人工的な坂があったり、言語聴覚士が言語発声訓練を行ってくれたりと、リハビリの中でも専門性を追求したデイサービスが増えてきました。
また、総合事業が始まって数年経ちましたが総合事業でリハビリ体操やマシーントレーニングを取り入れた自治体が増えてきました。公営の体育館にはトレーニングマシーンの揃ったところが沢山あります。これらを平日の昼間を高齢者へ開放しているのです。

こういった競争に勝ち残っていかなければリハビリ特化型デイサービスの経営では勝ち残っていくことができません。

 

【介護保険とデイサービスに関する記事はこちら】

-介護保険とデイサービス

執筆者:


  1. […] リハビリ特化型デイサービスであれば専用のトレーニングマシンやウォーターベッドなどの器具が必要になりますし、入浴特化型デイサービスであれば、機械式浴槽などが必要になり、初期費用がかさんでしまいます。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護認定の受け方

【介護認定の受け方】デイサービスを使いたいならまず認定!

介護保険を利用した介護サービスは利用料のうち90%を介護保険から支払ってもらえるため、残りの10%を負担すればいいだけになります。 介護保険制度についてはこちら ただし、介護保険サービスは誰でも利用で …

地域密着型サービス

【地域密着型サービス】介護保険の救世主になり得るか

高齢者が要介護状態になってもの今まで住み続けた自宅や地域で生活を続けることができるようにするため、2005年の介護保険制度改正によって地域密着型の介護サービスが誕生しました。 地域密着型サービスの特徴 …

デイサービスと認知症対応型デイサービスと小規模多機能型居宅介護

【デイサービスとの違い】デイケアと小規模多機能型居宅介護

介護保険サービス事業者は運営したい業態ごとに都道府県や市区町村より指定を受けなければなりません。デイサービスを開業したい場合、デイサービスの指定基準を満たした上で指定申請書を提出し、認可を得ることで営 …

【介護予防・日常生活支援総合事業】狙いはリハビリデイサービス潰し?

総合事業は正式名称を「介護予防・日常生活支援総合事業」といい、2015年(平成27年)4月の介護保険法改正にて施行された新しい介護保険のサービス及び概念です。 この事業の趣旨として、厚生労働省は「総合 …

特殊な(カジノ)デイサービス

【特殊なデイサービス】カジノからナイトサービスまで

介護保険が始まって15年を超え、事業者側も様々な工夫を凝らしたサービスを生み出してきました。デイサービスもご多分に漏れず、お泊りデイサービスやリハビリ特化型デイサービスなど様々なデイサービスが生まれ、 …

セミナーリンク


デイサービス経営(予定者)様向け無料セミナー
3月16日(土)・4月20日(日)開催!! デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集
デイサービス買い取り始めました!! デイサービス買い取り始めました

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

YouTubeチャンネル登録

チャンネル登録お願いします!!

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例

2018年8月出版の地域包括ケアを担うケアマネ&相談員/日総研出版に記事を寄稿しました!
メディア掲載事例