経営者の仕事

【事業の多角化】デイサービスだけで安心?不安?

投稿日:2017年8月8日 更新日:

多角化

皆様は事業の多角化について考えたことがありますか。

多角化とはこれまで行ってきた本業と違った新たな分野に進出するという経営用語です。
本業以外に収益源ができれば経営の安定化につながります。
一方、本業とは違った分野に進出するのは、経営としてとてもリスクのあることです。

私は最初に作り上げた理想のデイサービスの店舗数を増やしてきました。
デイサービスの設備に関しては少しずつ改変を繰り返してきましたが、根本的なコンセプトに関しては最初から作り上げたものと殆ど変わっていないと思います。

私はこれまでに何度か多角化のお誘いを受けてきました。
大きい案件では千葉市にサービス付き高齢者向け住宅を立てるので、運営を全てを任せたいというような依頼。
訪問看護、障害児童向けの放課後等デイサービスなどの開設のお誘いも多かったです。
また、フラメンコバーを作ってみないかなどという本業と全く関係のないお誘いもありました。

2017年の初めまで私は全てのお誘いを断ってきました。
私がまだまだ現場に出ることが多く時間も取れなかったこともありますが、腹を据えて多角化について考えて来なかったからです。

しかし、近頃私は事業の多角化を考え始めています。
最近余裕が生まれ、国の社会保障政策への不安やデイサービス以外の介護事業について勉強する時間ができたからです。

私が多角化について勉強してきたことを少し共有していきましょう。

多角化の意味

多角化の意味は新たな収益源を得ることだけでなく、事業内容を分散させることによってリスクを分散化させることができることにもあります。

仮に介護保険制度が大きく変わり、デイサービス事業が収益を産まないような事業になってしまった場合、デイサービスを諦め、他の事業を行っていればその事業にリソースを費やせばいいのです。

また、有能な人材や企業にたまったノウハウなどの有効活用としても多角化は機能します。

多角化の是非

多角化の是非に関してはコリンズのビジョナリー・カンパニーなどの書籍から語られ尽くしています。

そもそも儲かっている企業が多角化する意味があるのか、本業に陰りが見えて来た場合に行う多角化は成功しやすいのか、本業と関係のない多角化は成功するのか、などなど

現実には本業とは別の多角化で事業を大きくし、世界的企業になっていった会社もたくさんあります。
逆に多角化したせいで本業を含めて破産してしまった企業もあります。

成功率の高い多角化の条件

そんな中で私が考える成功率の高い多角化の条件は下記の3つです。

①現在の事業分野に近く、会社のノウハウが活かされる業界

まるで無知な業界に進出するための労力は計り知れません。
やはり業界の現状や収益の仕組みについてわかっているのは大きな武器になります。
また、従業員の確保や得意先の確保にも優位性を発揮できれば成功率が格段に上がるでしょう。

②多角化に必要な運転資金は現在の利益以下

多角化を行ったせいで本業の利益を全て吐き出してしまっては企業として維持ができなくなっては意味がありません。
多角化は余裕のある資金で行ってください。
多角化の初期投資は大きく出しても構いませんが、毎月の運転資金は利益以下にしてください。

③経営者又は役員レベルのうち一人でも情熱を注ぎ込むことができる

多角化は筋なき道を行く困難な行為です。
経営者が命を掛けてでも成功させたいと言うような情熱を注ぐことが必要です。
たとえ社長でなくても株式を持った役員クラスが主導しなければいけません。

2017年の後半私は2つの多角化に取り組むことにしました。
例えそれが失敗しても会社が揺らがないような準備は積んできました。

休み返上で、寝る間も惜しんで仕事に打ち込んでいますが、久しぶりのチャレンジはとても楽しくウキウキしながら仕事ができています。

-経営者の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービスの売上構成】売上を上げるためにできること

皆様も売上を上げることについて毎日色々と考えを巡らせているのではないでしょうか。 基本的に売上を上げるための新しい営業方法やパンフレット等の作成に力を入れているけれども、それ以外にどんな方法で売上を上 …

【デイサービスと総合事業】要支援者を単にお断りしていませんか?

様々な賛否両論を巻き起こしてきましたが、介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)の制度がアナウンスされて平成30年4月に猶予期間が終了し、いよいよ全国で本格的にスタートします。 総合事業の詳細 …

【参入障壁とは】参入障壁の作り方

参入障壁とは、企業がある業界に新しく参入するために立ちはだかる難題のことであり、参入障壁が高いほど新規参入が難しいということになります。 参入障壁が低い場合、参入企業が増えることによって競争が激化し、 …

【デイサービスの昇給】社員の昇給を考える

今年の秋口頃に『日帰り温泉型デイサービスはつね』の4店舗目の開業を考えています。 規模としては今までは小規模ばかりでしたが、今度は少し大きめの規模を考えています。 そんな中で新しい従業員の雇用を考えた …

【SWOT分析】デイサービスの分析から戦略策定へ

皆様のデイサービスの強みは何でしょうか?また弱みはなんですか? 簡単に答えられますか? SWOT分析とは事業の現状分析の手法の一つで今後の事業展開につなげるために行います。 事業全体に適応もできますし …

セミナーリンク

10月6日、7日無料セミナー開催!! 10月7日はwebセミナー開催!! 全国の皆様にお聞きいただけます。 デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻開業編プレゼント

期間限定キャンペーンです!アンケートにご協力頂いた先着20名様に、虎の巻開業編をプレゼントさせて頂きます! アンケート

掲示板

質問用掲示板を立ち上げました。購読者の方も交えて議論する場になれば良いと思っています!

フォーラム

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

YouTubeチャンネル登録

チャンネル登録お願いします!!

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例

2018年8月出版の地域包括ケアを担うケアマネ&相談員/日総研出版に記事を寄稿しました!
メディア掲載事例