開業・設備

【デイサービスの開業地】都心に出すの?田舎にだすの?

投稿日:

もしこの記事を見ている方がすでにデイサービスを経営しているのであれば、出店地を選ぶ際にはどのような基準で選んだでしょうか。
ご自身の勝手知ったる土地であったり、自分の働いていた介護施設の近くなどという基準で選ばれている方もいらっしゃるかもしれません。

また、店舗経営になれられている方などはしっかりと商圏調査などを行った上で出店地を選ばれているでしょうか。
いずれにしろ一度出店すると簡単に別の場所に移すというわけにも行きませんから、じっくり吟味された方がいいでしょう。

さて、デイサービスの開業を考えるにあたって、都心部に出したほうが良いのか地方に出した方がいいのかという議論があります。
今回の記事では、都心への出店と地方への出店の違いを見て行きたいと思います。

地域区分

地域区分とは出店地域ごとに介護報酬に加算される数値で東京23区の10.9~10.0までと10%近い差ができることになります。
地域区分を含めた介護報酬の計算の仕方はこちらに詳しく書いているので参考にしてみてください。

地域区分が10%違うということは売上が10%違うということとほぼイコールです。
賃貸料や人件費などを比較して出店地を考えてみてください。

土地(賃貸料)の値段

都心部と地方での出店に最も差が出るのが土地の値段です。
購入するにしても賃貸するにしても大分金額が変わってきます。

東京の都心部だと100㎡(小規模デイサービスレベル)ほどの賃貸料は40万円ほどかかる場所もあります。
地方であればその大きさなら10万円を切るような物件もたくさんあることでしょう。

土地を購入することを考えても都心部で1億円を超えるような地域もあります。
土地の値段が上がればよいのですが、この地合ですからそうとも限りらずリスクが高すぎます。

ただ、適応物件の有無に関しては都心の方が多く見つかることでしょう。
地方だとなかなか適当な物件が見つからないという可能性がありますので自ら立ててしまった方が良いかもしれません。

また、同様に人件費に関しても同様に都心の方が高くなる傾向があります。

送迎範囲

都心と地方では人口密度が違いますので送迎範囲も変わってきます。
都心部の小規模デイサービスであれば片道3~5km程度の範囲で十分ご利用者様を確保できるでしょうが、地方だと10km程度の送迎範囲を設定しなければなりません。

道の混み具合が違うので時間に直すとそれほどさはできないかもしれませんが、送迎車の大きさなども考えなければなりません。
都心であれば軽自動車やセダンが適当かもしれませんし地方であればワゴン車やワンボックスカーが必要になります。

流行りの移り変わり

私の感覚だと地方では都心部に流行ったデイサービスが3年位遅れて導入される傾向があると思っています。
都心では競合店も多いので競争力を保つために試行錯誤しながらいろいろな特徴のあるデイサービスが生まれています。
その中で成功したスタイルが徐々に地方に伝染しているからです。

都心部でお泊りデイサービスが流行りを見せてから数年で地方へ普及していきました。

2010年頃から都心ではリハビリ特化型のデイサービスが流行り始めました。
2012年ごろから地方でもリハビリ特化型のデイサービスが出来始め、リハビリ特化型デイサービスのフランチャイズ本部ができ、大々的に勧誘を行ったせいか2017年現在では沢山のリハビリ特化型デイサービスが地方にも出店されています。

高齢者の特性

また、都心の方が競争が激しいですが、良いデイサービスであれば移って見ようという高齢者の方が多いように感じます。
その反対で地方であると競争は激しくはないですが、一度通い始めた高齢者はなかなか他のデイサービスに移ろうという方が少ないように感じます。

基本的に高齢者は保守的な方が多いですが、より地方の方がその傾向が強いように思います。
そういう意味では新たな試みをするなら都心で出店するほうがいいのかもしれません。

 

【その他の開業に関する記事はこちら】

開業・設備IT

お仕事の依頼はこちらまで

-開業・設備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービス開業日記⑦】はつね立石編物件探し

3店舗目のデイサービス『日帰り温泉型デイサービス はつね 立石』平成29年6月にオープンして今月末で1年が経とうとしています。 当初の目標である1年で200万円の売上は4月の末で達成することが出来まし …

【デイサービスの利益】損益分岐点分析について

デイサービスの開業をお考えの方や始めたばかりの方の多くが気にされているのがどのくらい売上を上げれば利益が出るのかということです。これは当然の疑問です。利益が出なければ銀行への支払いができませんしご自身 …

【デイサービスの入浴設備】浴槽の種類

  デイサービスでの入浴は他の介護サービス同様、同一の金額(入浴加算)が設定されています。地域によりますがせいぜい50円(介護保険では500円)ほどです。 この程度でお風呂まで入れるのだから …

【株式会社と合同会社】デイサービスを開業するならどっち?

介護事業の開業には法人の設立が必須条件となります。 介護保険法において介護給付費を受け取るには法人であることが要件になっているからです。 法人といえば基本的に株式会社をイメージする方が多いと思いますし …

【デイサービスの起業】起業開業を目指している介護職員の皆様へ①

こんにちはデイサービス経営研究所の坂元です。 今回は現在介護職を行っている皆さんに向けて、起業のすすめをテーマに記事を書いてみました。 少々長い記事になりましたので2回に分けて記載します。 まず第1回 …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例