経営者の仕事

【デイサービスの最も有効な採用方法】職員からの紹介のもらいかた

投稿日:2017年8月6日 更新日:

職員からの紹介

cherylholt / Pixabay

職員を採用するための求人媒体には様々な方法があるのは前の記事でも申し上げました。

求人媒体についてはこちら

また、採用面接の際の心得に関しても記述しています。これらを駆使すれば基本的に職員を集めることはできるでしょう。

しかし、最も確実で有効な採用方法は実はまだ申し上げていません。そしてその方法は最も優秀な職員の採用方法でもあるのです。

もったいぶらずに申し上げます。その採用方法は職員からの推薦やご紹介です。

じつは私のデイサービスでも2人に1人が他の職員からの推薦です。合計10数人ほどご紹介頂きましたが、給与の問題以外で採用を辞退された方はいませんでしたし、私もお会いした上で断ったケースはありませんでした。つまりご紹介いただければ高い確率で良い職員を採用できているのです。

職員の推薦による採用のメリット

デイサービスの考え方や業務内容を熟知した上で話しをつけてくれているわけですから、
業務にミスマッチが起こる可能性が少ないです。

それに当人の働きぶりも見た上で推薦しているはずですので、
よっぽどひどいかたは推薦しないでしょう。

また、採用費がかからないのもメリットです。
今パートを集めるにも数万円かかるのが当たり前になっている中、
ほぼ無料で採用できる紹介は有益です。

職員の推薦による採用のデメリット

元から知り合いの職員が一緒に働くことになりますので、なあなあになってしまったり、派閥を作ってしまったり、最悪の場合共謀して悪事を働くこともあります。

基本的に最初のうちは紹介してくれた方と一緒のシフトは避けて仕事をしていただきます。その間に様子を見て信用できる人間かどうかを見極めましょう。

 

推薦してもらえるようなデイサービスづくり

また、無事採用された場合、推薦してくれた職員には報酬を与えましょう。
少額で構いませんのでお礼をすれば他の方も推薦してくれるかもしれません。

しかし、職員が知り合いに推薦したいと思わせる方法はお金ではありません。職員への待遇や研修制度、和やかな雰囲気など推薦したいと思わせるような事業所にするということです。

職員が満足していて、優秀な友人や知人を紹介したいと思わせることです。良い事業所には良い職員が集まる理由は職員が良い人を集めてくれるからです。

お仕事の依頼はこちらまで

-経営者の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【介護施設のブランディング】ブランド戦略は必要か

ブランドという言葉を聞くと、洋服やカバンの高級メーカーやその商品を思い浮かべるでしょうか。 ブランドとは自社の商品やサービスを他社と区別させるためにつけられた名前やマーク、デザインなどの事を言い、会社 …

【デイサービスのリスク管理】ご利用者様からのセクハラ問題

最近セクハラという言葉がワイドショーなどでよく聞かれますね。 多くの人が問題意識をもつようになり、少しずつですがそれを告発できる環境も整ってきたということでしょうか。 しかし、こと介護業界においてはセ …

【デイサービスの支出】臨時で出るのはどんなもの?

デイサービスを長年運営しているので毎月どのような費用が支出されて行くのか頭に入っています。 人件費、家賃、リース料、銀行への返済、ガソリン代、消耗品費、通信費、などで毎月大きな変化なく出ていくことにな …

【デイサービスの会計/給与計算/税金】自分でやれば20万円浮く!

私のデイサービスでは開業当初から会計処理、給与計算(社会保険料支払い)、税金に関して全て、経営者である私が自ら行っています。 会計については父親に手伝ってもらっていますが、他に関しては全て私が行ってい …

【大規模デイサービスの魅力】⑤職員の確保と広告効果

さて、これまで大規模デイサービスの研究内容を共有してきました。 このシリーズも後2つです。 今回も数字に現れにくいがとても重要な効果についてお話していきます。 これまでの記事 大規模デイサービスの魅力 …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

坂元ゆうき目黒区の介護のため始動!!
坂元ゆうき

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例