コンサルティング 30代社長の全て

【デイサービスとコンサル】介護コンサルティングファームの実態

投稿日:2020年4月13日 更新日:

先日(とは言っても1年以上前になってしまいましたが)あるセミナーに登壇した際に
介護業界では数少ない大手のコンサル会社に務める方と知り合いになりました。

船田くん(仮名)新卒5年目の男性で介護分野専門でやってきたそうです。
今回はそんな彼と久々に連絡を取り合ったので、介護コンサルがどんなことをやっているか紹介したいと思います。

コンサルティングファームとは

コンサルティングファームの仕事はかなり多岐にわたっており、企業価値の増加につながることであれば何でもすると言っていいかと思います。

商品やサービスに対するアプローチからマーケティング、人事戦略、ITの導入に関するまで様々な業務に対するアドバイスを行うようになっています。

イメージ通りかもしれませんが、コンサルティングファームのクライアントは大企業を想定されています。それは仕事の労力に対して大きな成果が得られるからです。

コンサルタントは基本的に各々が専門的な知識を持っているチームで構成されており、総合的なアドバイスを行います。

コンサルタントの報酬

コンサルティングファームに勤めるコンサルタントの気になる収入ですが、さすがに他の業界と比べてもだいぶ高いです。

大手のエース級コンサルタントであれば数千万円を超える収入があります。
報酬の制度としては歩合制であったり完全歩合制ではなくても少額の基本給の上にボーナスの振り幅が大きく設定されているというような給与体系になっていることが多いです。

コンサルティングの費用

コンサルティングファームへの報酬に関してですが、これは千差万別です。年間契約のような期限で区切られている契約があったり、成功報酬のような契約もあります。

また、専門系のコンサルタント派遣などでは時間給のような契約もあります。

報酬額についても決まったものがないのがコンサルのいいところでもあり、悪いところでもあるでしょう。

正直とんでもない金額を請求するコンサルもある業界です。それは給料が歩合制になっていることもあるでしょう。

介護業界におけるコンサル

介護業界を得意にしているコンサルティングファームはあまり見られません。
それは規模が小さいうえに定員が決まっているなど制約が大きいからだと思います。

介護系コンサルの商品群

介護系コンサルの商品群は下記のようになっています。

  • 新規開業(指定申請)
  • 物件調査
  • マーケティング(市場調査や広告戦略)
  • 利用者獲得
  • 事業計画(コンセプト設定や収支計画)

大規模施設が多い

クライアントとしては大規模の施設が多いです。
それは市場の規模が大きいからです。また、業務も多岐にわたるため経営者にとってはわかりにくい部分が多いためです。

特に入居者集めに関しては営業先の開拓など難しい業務も多いためです。

フランチャイズ系は意外と多い

先日であった船田くんも当てはまるのですが、介護系コンサルにとって介護事業所は規模が小さいのです。
ですから、介護業界でやっていくには多くの事業所を抱える必要があるというのです。

そこで目をつけているのがフランチャイズ系の介護事業なのです。というのもフランチャイズ系の事業所であればサービスの特徴が同じですし、困っていることなんて言うのもだいたい同じはずです。

また、フランチャイズ本部に入り込んでしまえば多くの事業所を抱えているので多くのクライアントを手に入れることが可能になります。

これに私は驚いたのは、フランチャイズにはSVと言ってフランチャイズ加盟店に対する指導者がいるからです。
船田くんいわく、SVがうまく機能していないことが多いのだそうです。

小規模事業者こそコンサルが必要か

小規模の介護事業所は正直コンサル費用を払うことが困難です。

しかも困っている事業所であれば払える金額はかなり限られています。そんな金額でコンサルタントを雇うのは難しいでしょう。

こういった弱小の事業者は特にどこか抜け落ちていることが多いため、コンサルこそが必要なはずなのにそれを受けいれるお金もなければそういったところに意識が向かない傾向があります。

小規模事業者がコンサルを使うには

コンサルティングファームは企業ですから大きなクライアントをとっていかなければなりません。

もし小規模の事業所がコンサルを使えるとすれば、サービスが一般化されたものの導入が考えられます。
例えばITの導入や機能訓練メニューの導入などです。
こういったパッケージ化された商品であれば少額の資金でも利用できるかもしれません。

ただ、これでは根本的な経営の改善にならない可能性がありますが。

デイサービス経営研究所のコンサルティングについて

最後に少しだけ宣伝を。
当研究所は基本的に個人で動いているので、小さな案件から依頼を受けることができます。
また、大規模デイサービスも2件開業させていますので大規模事業所についても扱うことも可能です。

新規デイサービスであれば基本となるコンセプトの設計、既存のデイサービスであれば営業強化など、あなたの成功のために成功報酬でお受けすることができます。

まずは下記のメールフォームからお問い合わせください。

お仕事の依頼はこちらまで

-コンサルティング, 30代社長の全て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【日帰り温泉型デイサービスはつね】H30.04.21フランチャイズセミナー

4月21日『日帰り温泉型デイサービスはつね』のフランチャイズ加盟店説明会を行いました。 はじめてのセミナーでしたが、質問も活発に飛び交ったり、急遽施設見学を行うなど有意義な時間になっていたら嬉しいです …

【デイサービスのフランチャイズ】フランチャイズの基本

介護業界にも沢山のフランチャイズ事業者が参入してきました。 特にデイサービスはとても増えており、何百もの加盟店を抱える本部も出てきました。 今回はそんなフランチャイズについて綴っていきます。 目次1 …

【デイサービスの経営】経営者になってよかったこと②

前回の記事では私が経営者になってよかったことのうち下記のことについて書きました。 少々俗っぽい話になってしまいましたが、これから開業を目指す皆様には少し夢を与えられる話がしたいと記事にしてみました。 …

【デイサービス(通所介護)】起業・開業の全行程

これからデイサービスを起業・開業が決まっている方や起業・開業を考えている方向けに全体の工程を一気にまとめてみました。 少々長い文章になりますが、起業開業に必要なエッセンスが詰まっているのでぜひご覧いた …

【デイサービスと経済学】失業率が下がっても職員の給与が上がらないわけ

アベノミクスによる(?)好景気は株価を押し上げ、失業率を劇的に低下させている一方、物価や実質賃金は思い通り上がっていません。 経済学に詳しくなくても、基本的に失業率が下がれば給与が上がるのは当然のよう …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例