基本業務

【デイサービスの送迎】送迎担当奮闘記

投稿日:2018年7月5日 更新日:

デイサービスの送迎業務がとても重要な業務であることはこれまで何度も申し上げてきました。

車という凶器になりかねない乗り物を扱って、何が起こるかわからない要介護者を送迎しなければならないからです。
また、業務スケジュールの遂行にあたっても遅れを作らないように迅速なスケジュール管理も必要になります。

当然事故を起こさないように、安全かつ迅速な運転技術を持ち合わせていなければなりません。
デイサービスを利用されるご家族にとって普段から顔を合わせるのは送迎ドライバーだけですから、デイサービスの顔としてのコミュニケーション能力。
様々な能力が送迎担当者には求められます。

しかし、私が一番重要視している送迎担当者の能力は『休みになりそうなご利用者様を以下に施設に連れてこれるか』だということはブログ内で何度か申し上げています。
拒否やその他何らかの困難のあるご利用者様をデイサービスにお連れすることは売上はもちろんのこと、ご家族やケアマネジャーの要望を叶えるとても重要な能力なのです。

さて、我々の施設にもたくさんの送迎ドライバーの方々が勤務してくれており、とても優秀な方や大きく成長された方も多く見受けられます。
今回はそんなドライバーさんたちが困難な事例を解決した方法をいくつか紹介してみたいと思います。

認知症の高齢者を連れ出せ

認知症を患っているご利用者様の扱いはとても難しいです。特に拒否感の強い方をデイサービスに連れてくるのは簡単ではありません。
基本的に拒否の理由を聞きながらその問題を解決してあげることで安心感を与えることによってデイサービスに行く気になってもらわなければなりませんが、そのような論理的思考が通じることばかりではありません。
そういった場合にはその方にあった話の流れを作ったり、多少なり強引にでも連れてくることが必要になります。最近あった一例を見てみましょう。

Aさんは認知症を患っており、ご家族から離れて有料老人ホームで暮らしになられていました。
ホーム内の入浴設備での入浴が困難になって来たということで私共のデイサービス『日帰り温泉型デイサービスはつね』に依頼がありました。

その方の場合、とても拒否が強くて困っていました。
ご来所のために迎えに行くと、「そんな話は聞いてない。予定に入っていない。私は忙しいんだ」と拒否されてしまうのです。

その方は入浴はとても気に入っていただいており、入浴後お帰りになられるまでとても上機嫌でいらっしゃるのですが、ご自身の予定にないことをすることを嫌うようでした。
ご家族にお聞きすると、昔営業職をやっていて、スケジュールを自分で組んで行動していたのでその名残ではないかと思います。

そこで送迎ドライバーはご家族に手帳とカレンダーを用意して、送迎時にご自身で手帳とカレンダーに次に来る日の予定を書き込んでもらうことにしました。
入浴直後はとても機嫌が良いので進んで予定を書いてくれました。

そしてお迎えに行き、同じように「予定に入っていない」と言われた際には「手帳とカレンダーで予定を確認してください」と声を掛けると自分の字でしっかりと入浴と書かれているので、御本人も「あ、そうだった、私の書いた字だ」と納得されてご来所いただけるようになりました。

定員オーバーを解決せよ

ある日の午後のお迎えの時間に突然振替でご利用したいという方から電話がかかってきました。
しかしその方のご自宅はデイサービスから20分以上かかる場所にあって、すべての送迎終了後に迎えに行くのでは提供時間に間に合わなくなってしまいます。

送迎車はそのまま迎えに行けば5分位でつくことができる位置にいましたが、車は満席で乗せることができない状態でした。
頭を抱えながら管理者が送迎担当者に連絡をすると、「添乗員を最寄りの駅で降ろして電車で施設に返すので最寄りの駅まで迎えに来てあげてください」との提案が。

振替利用のご利用者様は送迎担当者一人で乗車させることが可能でしたので、添乗員は必要ないので添乗員用の椅子に座らせることができたのです。
添乗員には少し苦労をかけましたが、無事に振替利用の希望を叶えてあげることができました。

こういった、とっさの機転でご利用者様の確保が可能になると感心した事例です。

 

【デイサービスの基本業務はこちらから】

基本業務

-基本業務

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

事故対応マニュアル

【送迎中の事故】対応マニュアル

行き帰りの送迎時に事故が起きてしまった場合、慌ててしまい冷静な判断ができなくなってしまうことがあります。 ですから事故については対応マニュアルをしっかりと作成しておき、送迎担当者には必ず何度も確認する …

施設内の自己マニュアル

【デイサービス施設内事故】対応マニュアル

介護施設内はご利用者様の病状の急変、歩行時の転倒、災害の発生など様々な事故の可能性があります。 限られた人員や設備で極力事故を未然に防ぎ、たとえ事故が起きてしまっても早急な応急措置で事故の広がりを防ぐ …

【デイサービス介護職のリハビリ知識】転倒時に骨折しやすい部位

高齢者が要介護になる原因として上位を占める『転倒』についてこれから何回かの記事に分けてお話していこうと思います。 今回はそのシリーズの第1弾『転倒時に骨折しやすい部位』です。 デイサービスを運営してい …

【デイサービス送迎担当者の必須能力】お休みさせない送迎(ドタキャン返し)

klimkin / Pixabay デイサービスの送迎業務は基本業務の中でもとても重要な業務の1つです。 他の記事でも申し上げていますが、ご利用者様と最初に相対するのが送迎担当者ですし、全てのサービス …

サービスの格差

【サービスの同一化】サービスの格差はクレームの元

同一労働、同一賃金という言葉が定着してきました。 これは簡単に言うと正社員でもパート職員でも同じ仕事をしたのなら同じ賃金を払いましょうという考え方です。 私はこの言葉に似た言葉として、同一デイ・同一サ …

セミナーリンク


次回セミナーの日程が決定いたしました
6/22(土)に立石店にて開催させて頂きます。初の店舗でのセミナーになります。 デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集
デイサービス買い取り始めました!! デイサービス買い取り始めました

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

YouTubeチャンネル登録

チャンネル登録お願いします!!

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例

2018年8月出版の地域包括ケアを担うケアマネ&相談員/日総研出版に記事を寄稿しました!
メディア掲載事例