開業・設備

【デイサービス開業】費用はいくらかかるのか?

投稿日:2017年8月6日 更新日:

開業費用

デイサービスの開業にいくらくらいかかりますか?
私がデイサービスを経営していると言うと、よく聞かれる質問です。
開業を考えている方でしたら特の興味のある疑問だと思います。
特に他業種にいらっしゃる経営者からは未知の世界であるためとても気になるようです。

もちろん開業する規模やどんな設備を導入するのか、不動産は買うのか作るのか借りるのかによって大きく変わります。

ここでは私が開業してきた『日帰り温泉型デイサービスはつね』をモデルに説明します。
定員10名の小規模型、午前午後の2部制のデイサービスです。

開業前

法人設立費:6万円~24万円
物件取得費:100万円~140万円(家賃25万円~35万円 保証金2ヶ月・礼金2ヶ月)
経営者給料:50万円程

物件

リフォーム費:1,100万円

完全バリアフリー
浴室(浴槽掘り込み式の工事)×2

設備費:計250万円

椅子:50万円
机:40万円
平行棒:20万円
テレビ:10万円 etc

車両費:計210万円(リース可能)

軽自動車:90万円
軽自動車(福祉車両):120万円

※大きな車の場合の参考
5人乗りセダン(福祉車両):200万円
7人乗りワゴン(福祉車両):300万円

機械式浴槽:250万円(リース可能)

チェアリフト型:250万円×2台
※労働環境向上助成金で半額支給

総合計:1,800万円(リース使用せず)

最終的にはリースを一切使用せずに、約1,800万円で開業しました。
黒字化までの運転資金として200万円を見込んでいるので約2,000万円で開業できることになります。
車輌費と浴槽をリース契約で購入すれば1,600万程度で開業可能になります。

1600万円で開業できて月120万円の利益が見込まれる『日帰り温泉型デイサービスはつね』のフランチャイズについてはこちら

通常のデイサービスですと、他にキッチンを作る必要があります。

 

リハビリ特化型デイサービスの場合

リハビリ特化型デイサービスの場合は入浴設備が必要なくなる分、不動産取得費やリフォーム代が削れます。
ただし、リハビリ用の設備や筋トレマシーンが必要になります。

リハビリ設備は高いものだと数百万円もするもの(ウォーターベッドなど)から数万円の出費で収まるものまで千差万別です。
私が聞いたフランチャイズのデイサービスだと400万円程度の筋トレマシーンを導入しているそうです。

大規模デイサービスの場合

定員が多くなるとその分大きな不動産が必要になったり、車も大きな物が必要になったりと費用は増えていきます。
ただ、リフォーム代や人件費などは規模の経済が聞きますので定員が多くなった割合よりは安く済ませることができます。

つまり、10名定員のデイサービスが2,000万円かかったとして、30名定員のデイサービスは4500万円ほどでできるのではないかと思います。

 

【その他の開業に関する記事はこちら】

開業・設備IT

お仕事の依頼はこちらまで

-開業・設備

執筆者:


  1. 高田 燿色 より:

    初めまして。兵庫県神戸市でグループホームを運営している者です。いつも記事を拝見させて頂きとても勉強になっております。この度、認知症対応型デイサービス(単独型)を開設したいと考えております。事業計画書と収支シュミレーションを立てているのですが、単月の収支におきまして、自動車(軽自動車1台、福祉車両の軽自動車1台)維持費用はいくらぐらいになるか知りたいところです。ご教授いただけましたら幸いに存じます。

    • 坂元 悠紀 より:

      ご質問ありがとうございます。
      さて、自動車に関連する費用として下記を収支に入れておけば十分でしょう。
      ・減価償却費(リース料)
      ・自動車保険料
      ・駐車場賃料
      ・ガソリン代
      上記2つは車種や新車なのか中古なのかで変わってっくるでしょう。
      減価償却費やリース料は車の値段の60分の1程度を設定しておけばそれほどズレはないでしょう。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【コンサルティング】大規模デイサービス開業支援

今回のコンサルティング実績に関してですが、昨年の5月から月極契約を結ばせていただいている案件です。 契約期間はまだ続いていますので、詳細は伏せながら時系列で私がどんなコンサルティングを行っているかを記 …

no image

【資金調達】開業資金の集め方

デイサービス(小規模)を開業するには少なくても1,000万くらいは必要でしょう。 ご利用者様から選ばれる競争力のあるデイサービスとなると2,000万円くらいはほしいところです。 大きなデイサービスにな …

【クラウド管理】デイサービスの情報共有とセキュリティ

事業所内の情報をクラウドで管理するととても便利です。 クラウドとはデータをネットワーク上に利用したいソフトやデータが格納されていて、データやソフトの利用者はどこからでもどんな端末からでもアクセスできる …

介護給付費債権

【デイサービスの新たな資金調達】ファクタリングとは?

目次1 介護給付費とは2 介護給付費の財源3 介護給付費債権とは4 債権は繰り返す5 債権があるということは6 ファクタリングの注意点 介護給付費とは 都道府県または市区町村に指定を受けた介護保険指定 …

【デイサービスの利益】損益分岐点分析について

デイサービスの開業をお考えの方や始めたばかりの方の多くが気にされているのがどのくらい売上を上げれば利益が出るのかということです。これは当然の疑問です。利益が出なければ銀行への支払いができませんしご自身 …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

起業塾

デイサービス起業塾10月開講!! デイサービス起業塾

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例