管理者・相談員

【デイサービスのヒヤリハット報告書】提出しやすい組織づくり

投稿日:2017年8月15日 更新日:

ヒヤリハット

ヒヤリハット報告書を書くのに抵抗がある方は多いでしょう。
ヒヤリハットを起こした際は気も動転しますし、管理者や周りの同僚からの目も気になってしまいます。
そんな精神状態の中で自分の行動の振り返りや対策を行うのですから。

また、こういった報告書がたくさんある事業所は経営者にとってもいい気分はしないはずです。
その為管理者がヒヤリハット報告を止めてしまうことすらあります。

ヒヤリハット報告書はとても有益な情報です。
デイサービスを運営していく中で過去の事例がどこに注意して介助していけばいいのかを教えてくれるのです。
こんな有効な情報は他にないはずです。

しかし、殆どの事業所ではヒヤリハット報告書はさほど積み上がっていないでしょう。

ヒヤリハット報告書が書きにくい理由

  1. 書式が仰々しくて書くことが多すぎる
  2. 報告書は管理者や本社にまで回るため、査定に関わってしまう
  3. ヒヤリハット報告は役所やケアマネへの報告が必要になってしまう

報告者だけではなく、管理者も書かせたくないという誘引が働いてしまうのです。
これは本末転倒な結果を生んでいます。
また、ヒヤリハット報告書のファイルが職員の目に届くところにないことが多いです。仰々しいファイルに収められて倉庫に保管されていては意味がありません。

私は他とは少々違った報告書の作成ルールを運用することによって多くのヒヤリハット事故報告書の提出を実現させています。

ヒヤリハット報告書が書きやすくなるルール

  1. 報告書の名前は「利用者注意喚起表」に変える
  2. 報告書は紙ではなく、共有のメモアプリに作成(メモアプリに関してはこちらを確認→)
  3. 報告の内容は利用者名、事象、対策のみ

こういったスタイルにすることで職員は気軽(といっては語弊がありますが)にヒヤリハットを報告できるのです。
この形式にしてからヒヤリハットの報告が10倍以上になりました。
しかも、その報告は各自スマホから確認ができますので、情報の共有も飛躍的に広がっています。

ヒヤリハットの報告は同じ過ちを犯さないための情報共有が一番の目的です。
事業所のノウハウだと思って、簡潔、見やすい、共有を意識して沢山作成していきましょう。

 

【管理・営業業務の記事はこちら】

管理・営業業務

お仕事の依頼はこちらまで

-管理者・相談員

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービスの返戻対応】返戻の削減と再請求のやり方

入ってくるはずの介護報酬を当てにしたのに、思わぬ返戻が発生していて支払いに窮したなんていう経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。 また返戻がたまってしまうと過去の実績をほじくり返すのが面倒になりそ …

高齢者の歩んできた道

【デイサービス日記】高齢者の歩んできた時代②

前回の記事では昭和一桁生まれの方の幼少期から青年期までの時代背景についてまとめました。 この記事ではそんな世代の結婚感から介護に対する考え方までを語っていきます。 前回の記事をまだお読みでない方は下記 …

【コンサルティング実績】営業支援

今回のコンサルティングのご依頼はブログをご覧になられた方が、私の営業手法についてご興味を持たれて相談してくださいました。 埼玉県でデイサービスと保育園を運営されているA社長は、主に保育分野で活躍されて …

訪問営業

【ケアマネジャー訪問営業】デイサービス営業の本丸

デイサービスにとって最も重要な営業方法はケアマネジャー周りであることは異論がないでしょう。 地域にある居宅介護支援事業所や地域包括支援センターを訪問して、 ケアマネジャーにパンフレットやデイサービスで …

【売上増!!総まとめ】デイサービスの営業集客・稼働率アップ・定着方法

デイサービスの経営者や管理者の方で、売上の増加や維持に悩まれている方は多いことでしょう。 売上を上げろと言われてもどんなことをやればいいのだろうと迷っているうちに現場の作業に追われてしまうということに …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

起業塾

デイサービス起業塾10月開講!! デイサービス起業塾

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例