管理者・相談員

【デイサービスの支払い】口座引き落としが1番!でも・・・

投稿日:2017年8月15日 更新日:

デイサービスの支払い

介護保険サービスの自己負担分や食事やおやつなどの保険外サービスの費用などはご利用者様から直接いただかなくてはなりません。

皆さんの事業所ではご利用料の支払い方法はどのようにしているでしょうか。
現金持参の場合はご利用者様がなくしてしまったり勘違いがあったりとトラブルがつきものです。
また、領収書の発行に関してもご利用者様に直接渡してもきちんと管理できない可能性もあります。

できれば口座引き落としを利用しましょう。
口座引き落としでしたら通帳に証拠が残りますし、金額の間違いなどもありません。
また滞納などの対策にもなります。

たしかに手数料がかかってしまいます。
私が使っている代行サービスは月額1500円の基本料金と1件あたり90円の手数料がかかります。
ご利用者様60人程度が口座振替を利用されているので6,000円ほどかかっています。
月6,000円程度で職員の負担を軽減できる考えればかえって得かもしれません。

口座引落の場合の注意点

口座引き落としの申込書は不備が非常に多いです。
支店番号や口座番号など記入ミスが多いので、目の前で通帳を見ながら書いてもらいましょう。

また、よくある問題が銀行印の相違です。
通帳の銀行印があっていないと口座引き落としの処理はできません。
昔は通帳に陰影が載っていたのですが、最近作った通帳には載っていません。
銀行印がわからなくなった場合は通帳をもって銀行に問い合わせに行かなければなりません。

ただ、全てのご利用者様が口座振替を利用してくれるわけではありません。
そもそも通帳を管理できていない方や現金管理じゃないと信じられない方もいらっしゃいます。
私の事業所の場合でも15%くらいのご利用者様は現金決済になっています。

現金受取の場合の注意点

現金を持ってきてもらう方には専用の袋を用意しましょう。防水の封筒などがありますのでそういったものを使ってもいいでしょう。必ず名前も書いておいてもらいます。連絡帳入れ(ポーチ)に入れてお持ちになってもらいます。
現金の入ってる封筒は来所後すぐに回収して、確認していきます。

領収書を渡す時は必ず直接渡すようにしましょう。
連絡帳に等袋に入れておいてほしいと依頼された場合でも目の前で入れるようにしましょう。

認知症を患っているご利用者様の場合の現金持参はお断りしてください。
ご家族もいない場合はケアマネやケースワーカーなどに代理で支払ってもらってください。

滞納の対処法

利用者負担分の滞納が溜まってしまうと、集金は面倒ですし、利用者からのクレームにつながってしまう可能性もあります。
ご利用者様によっては現金管理がうまくできない方もいらっしゃいます。

その場合はすぐにご家族に連絡を行い支払いを催促します。
そしてこれ以上滞納がたまると今後サービスを利用できなくなる可能性があることを伝えてください。ケアマネにもその旨を伝えておけば対策を取ってくれるはずです。
そのためにも契約書には滞納がたまった場合の処理について記載をしておきましょう。

 

【管理・営業業務の記事はこちら】

管理・営業業務

お仕事の依頼はこちらまで

-管理者・相談員

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【デイサービス業務の評価基準】業務の難易度を決める

数年前の話ですがある入浴担当のパートさんから、同じ時間に働いている別の職員と比べて自分のほうが困難なご利用者様の対応が多すぎるとクレームがありました。 この手の不満は管理者によく寄せられる類の不満では …

休眠客への営業

【稼働率アップの手法】休眠顧客への営業をしないなんてもったいない!!

休眠顧客への営業は効果が見込めるのに体系的に行っていない事業所が多くて驚きます。 やめてしまったご利用者様を追いかけるのは気が引けるからでしょうか。 もちろん中にはとても嫌な思いを持ってデイサービスを …

【デイサービスのクレーム対応】②クレーム対応の手順

前回のデイサービスに寄せられるクレームの基本と初期対応では東京都の公的窓口に寄せられているクレームの数や種類についてまとめました。 今回は事業所に直接クレームが来た場合を想定して、クレームを受けた職員 …

キャンセル待ち

【キャンセル待ちの確保】デイサービス売上急増の秘密兵器

デイサービスは定員というものが決まっています。例えば定員10名ですと、ご利用できる最大の人数が10名ということになります。これは運営規程によって縛りがあり、11名以上お預かりしてしまうと減産の対象にな …

経営者としての指導法

【デイサービスの職員への指導】管理職は怒らない

職員がミスを繰り返したり、ご利用者様に対して危険な扱いをした場合、同じようなことを繰り返さないように指導しなければなりません。 しかし、我々経営者や管理職などが指導する意味合いは一般の社員が指導するの …

Introduction

執筆者の紹介とブログの使い方はこちら Introduction

フランチャイズ

フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

虎の巻新作

日本政策金融公庫融資マニュアル デイサービス虎の巻

メールマガジン登録

広告

儲かるデイサービスの作り方出版!!

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング

メディア掲載事例