開業・設備

【デイサービスの利益】損益分岐点分析について

投稿日:2017年9月7日 更新日:

デイサービスの開業をお考えの方や始めたばかりの方の多くが気にされているのがどのくらい売上を上げれば利益が出るのかということです。これは当然の疑問です。利益が出なければ銀行への支払いができませんしご自身に給料を支払うこともできません。

しかし、この手の質問にきっちりと答えているのをあまり見たことはありません。
今回はそんな疑問に答えるために私の「日帰り温泉型デイサービスはつね」(地域密着通所介護、午前午後の2部制)の費用を中心に見ていきながら説明していきます。

固定費と変動費

費用に関しては固定費と変動費に分ける必要があります。
固定費とは売上がいくら上がっても下がっても変わらずにかかってくる費用のことで、下記のように毎月定額支払制になっているものが多いです。給料に関しても毎月定額かかってくるものですが、雇ったり辞めてもらうこともできるので変動費に参入します。

固定費

固定費の代表は賃貸料やリース料です。

賃貸料 210,000円
リース・保険料(車輌2台) 76,000円
雑費(通信費・文具代などなど) 100,000円

 

変動費

損益分岐点計算のキーになる項目がこの変動費です。変動費は固定費とは違って売上に対して比例する傾向があります。もちろん純粋に比例していくわけではありませんが、損益分岐点分析を行うにあたって簡素化します。

人件費 下記参照
水道光熱費 売上×4%
ガソリン代 売上×0.75%

・・・この先の内容に関しましては、デイサービス経営研究所の無料セミナーにて詳細をお話させて頂きます。セミナーでは下記の内容をお話します。

  • 人件費の詳細
  • 損益分岐点分析
  • 社長の人件費に関する考察

下記のボタンより、お申込みをお願い致します。

-開業・設備

執筆者:

関連記事

【デイサービスの物件選び】運命の女神は微笑むか

出店する地域を選んだら早速物件探しに入りますが、物件選びは誰もが非常に苦労しているのではないでしょうか。 私もこれまで新規店舗業務の中で最も困難な業務は何かと聞かれれば、必ず不動産選びと答えています。 …

【消防関連/用途変更】物件選びのポイントは100㎡以下と延床300㎡以下

デイサービスで使う広さが『100㎡以下』建物全体の延床面積が『300㎡以下』 小規模のデイサービスの開業を何度か経験した方であればこの意味がわかっているでしょう。 私がデイサービスの新規物件を探す際は …

no image

【資金調達】開業資金の集め方

デイサービス(小規模)を開業するには少なくても1,000万くらいは必要でしょう。 ご利用者様から選ばれる競争力のあるデイサービスとなると2,000万円くらいはほしいところです。 大きなデイサービスにな …

【株式会社と合同会社】デイサービスを開業するならどっち?

介護事業の開業には法人の設立が必須条件となります。 介護保険法において介護給付費を受け取るには法人であることが要件になっているからです。 法人といえば基本的に株式会社をイメージする方が多いと思いますし …

【デイサービスの椅子】こだわる価値あり!

最初のお店をオープンする際にご利用者様用の椅子とテーブルに関しては相当にこだわりました。 椅子はご利用者様が最も触れている時間の長いものです。 長い時間座っているので合わない椅子だと体を悪くしてしまう …

セミナーリンク

6月22日、23日無料セミナー開催!! デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻開業編プレゼント

期間限定キャンペーンです!アンケートにご協力頂いた先着20名様に、虎の巻開業編をプレゼントさせて頂きます! アンケート

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね
はつね立石ご紹介動画

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

よく読まれている記事

よく読まれている記事ランキング