管理者・相談員

【デイサービスのヒヤリハット報告書】提出しやすい組織づくり

投稿日:2017年8月15日 更新日:

ヒヤリハット

ヒヤリハット報告書を書くのに抵抗がある方は多いでしょう。
ヒヤリハットを起こした際は気も動転しますし、管理者や周りの同僚からの目も気になってしまいます。
そんな精神状態の中で自分の行動の振り返りや対策を行うのですから。

また、こういった報告書がたくさんある事業所は経営者にとってもいい気分はしないはずです。
その為管理者がヒヤリハット報告を止めてしまうことすらあります。

ヒヤリハット報告書はとても有益な情報です。
デイサービスを運営していく中で過去の事例がどこに注意して介助していけばいいのかを教えてくれるのです。
こんな有効な情報は他にないはずです。

しかし、殆どの事業所ではヒヤリハット報告書はさほど積み上がっていないでしょう。

ヒヤリハット報告書が書きにくい理由

  1. 書式が仰々しくて書くことが多すぎる
  2. 報告書は管理者や本社にまで回るため、査定に関わってしまう
  3. ヒヤリハット報告は役所やケアマネへの報告が必要になってしまう

報告者だけではなく、管理者も書かせたくないという誘引が働いてしまうのです。
これは本末転倒な結果を生んでいます。
また、ヒヤリハット報告書のファイルが職員の目に届くところにないことが多いです。仰々しいファイルに収められて倉庫に保管されていては意味がありません。

私は他とは少々違った報告書の作成ルールを運用することによって多くのヒヤリハット事故報告書の提出を実現させています。

ヒヤリハット報告書が書きやすくなるルール

  1. 報告書の名前は「利用者注意喚起表」に変える
  2. 報告書は紙ではなく、共有のメモアプリに作成(メモアプリに関してはこちらを確認→)
  3. 報告の内容は利用者名、事象、対策のみ

こういったスタイルにすることで職員は気軽(といっては語弊がありますが)にヒヤリハットを報告できるのです。
この形式にしてからヒヤリハットの報告が10倍以上になりました。
しかも、その報告は各自スマホから確認ができますので、情報の共有も飛躍的に広がっています。

ヒヤリハットの報告は同じ過ちを犯さないための情報共有が一番の目的です。
事業所のノウハウだと思って、簡潔、見やすい、共有を意識して沢山作成していきましょう。

-管理者・相談員

執筆者:

関連記事

【ホームページ】デイサービスでも営業や採用に有効活用

デイサービスが事業所のホームページを持っている確率は30%以下と言われていますが、皆さんの施設ではホームページをしっかりと作成して運用しているでしょうか。 ホームページを作っていないという事業所もあれ …

【デイサービスのスタッフ紹介】ご利用者様の安心を勝ち取れ!

皆さんのデイサービスではスタッフを紹介するようなホームページやパンフレットは作っていますか? スタッフ紹介はとても有効な営業の武器になります。 要介護者でデイサービスに行ったことのない方や、以前のデイ …

デイサービスの見学

【デイサービスのご利用者見学】契約率90%を目指せ!!

少し前まで、ほとんどのご利用者様はケアマネが推薦したデイサービスに迷うことなく契約を行っていました。 しかし、最近のご利用者様はケアマネが推薦しても複数の施設の見学を希望し、比較した上で契約を行うよう …

経営者兼管理者が営業マン

【経営者=管理者=営業マンの強み】デイサービスの営業は誰が行く?

皆様もケアマネへの訪問営業を続けているとその場に居合わせたケアマネにご利用者様の打診をいただけることがあるでしょう。 そんな時はケアマネ営業永劫冥利に尽きるものです。 早速見学の日程を提案して契約まで …

経営者としての指導法

【デイサービスの職員への指導】管理職は怒らない

職員がミスを繰り返したり、ご利用者様に対して危険な扱いをした場合、同じようなことを繰り返さないように指導しなければなりません。 しかし、我々経営者や管理職などが指導する意味合いは一般の社員が指導するの …

セミナーリンク

6月22日、23日無料セミナー開催!! デイサービス経営研究所セミナー
フランチャイズ加盟店大募集!! フランチャイズ加盟店募集

虎の巻リンク

デイサービス経営がこの3冊に!! デイサービス虎の巻

はつねリンク

短時間入浴のデイサービス!! 日帰り温泉型デイサービスはつね
はつね立石ご紹介動画

日帰り温泉型デイサービスはつね立石店のご紹介

LINE@

LINE@始めました。下記より友達追加をお願いします。